Webデザインの本質はデザイン性ではなくコンテンツにあり

みなさんは優秀なWebデザイナーは何ができる人だと思いますか?

Webデザイナーの仕事といえば、イカしたおしゃれなサイトをデザインすることのように思いますよね?

しかし、webデザインの本質はデザインではありません!

それならば、webデザインの本質は何なのか?

そこについて少し書かせていただきます。

それではいってみましょう。

目次
  • Webデザインの本質はコンテンツにあり
  • コンテンツ重視でデザインを考える

 

Webデザインの本質はコンテンツにあり

結論からいうとwebデザインで最も重要な要素はコンテンツです。

つまり、デザインではなく本文の内容が一番重要だということです。

そんなん当たり前だろとも思いますが、いざ作り手や運営する側にたつと、デザインにばかり目がいってしまいがちなんです。

デザイン(見た目)ばかりよくて、何が言いたいのかわからないサイトを見たことはないですか?

一度、お客さんの立場でみてください。

例えば、ある飲食店のサイトを検索した時、あなたは何を期待して検索していますか?

オシャレな料理の写真を見るためですか?

オシャレな店の外観を見るためですか?

そもそもそのサイトがオシャレだから見ているのですか?

もちろん、それらを見るためだけにそのサイトに訪れている人もいるでしょう。

ただそんなの極一部の方々ですよね。

ほとんどの人は

このお店はどういった料理があるのかなー?

オススメの料理は何かなー?

価格帯はどのくらいかなー?

どれくらいの実績があるのかなー?

口コミはどれくらいあるのかなー?

予約はどうやってとるのかなー?

割引はあるのかなー?

お店には何人ぐらい入れるのかなー?

個室はあるのかなー?

お店にはどうやって行ったらいいのかなー?

といことが気になってお店を検索しますよね。

サイトがオシャレかどうかなんて二の次です。

また昨今ではPCよりもスマートフォンで閲覧する人の数は増えており、アクセスの半分以上がスマートフォンになっています。

PCでは画像サイズが大きい分、デザインの幅が広く可能でしたが、スマートフォンの画像サイズではできるデザインが制限されてしまいます。よりシンプルで見やすいサイトを意識しなければなりません。

つまり、デザイン(外観)よりもコンテンツが重要ということです。

作り手は、コンテンツ(内容)を考えた上で、それにあったデザインを考えればいいのです。

コンテンツ重視でデザインを考える

コンテンツは基本2つの要素から成り立っています。

文章

写真

文章というものは論理的なもので、直感的に書くのはなかなか難しいものだと思います。

それ対し、写真は直感的な要素が強いです。

とういうことは、まず文章からコンテンツの構成を考えていけば、論理構造のしっかりしたコンテンツが作りやすいということです。

文章でコンテンツを作った後で、必要ならば写真などを加えて見やすいサイトを作ればいいです。

また難しい文章をなど噛み砕く際には、図やイラストを使用するとユーザーにとってわかりやすいコンテンツになります。

 

まとめ

今回はwebデザインの本質について書かせていただきました。

以上の内容は「沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション 」

を参考にさせていただきました。

会話形式で、ストーリー仕立てになっているので非常に読みやすいと思います。

ご参考にどうぞ。

沈黙のWebマーケティング -Webマーケッター ボーンの逆襲- ディレクターズ・エディション

新品価格
¥2,376から
(2019/6/5 16:03時点)