【WordPress】ウィジェットにHtmlタグを使ってプロフィールを作る方法【テンプレートあり】

WordPressを使っているけどプロフィールはどうやって作れいばいいのか最初はよくわかりませんよね。

今までのやり方で「テキスト」ウィジェットを使ってプロフィールも作れるのですが、今回は新しく出た「カスタムHTML」ウィジェットを使ってプロフィールの作り方を解説します。

自分をアピールしたり、人に知ってもらい信用を得るには、プロフィールの作成は必要不可欠です。この機会に、WordPressをお使いの方は、プロフィールの作成にチャレンジしてみましょう。

テンプレートも用意したので、使いたい方はぜひお使いください。

目次
  • 「カスタムHTML」ウィジェットの使い方
  • プロフィールテンプレート

「カスタムHTML」ウィジェットの使い方

「カスタムHTML」ウィジェットの使い方を紹介します。

まずは管理画面を開いてください。

外観の「ウィジェット」をクリックします。すると様々なウィジェットが表示されたと思います。

 

このウィジェット一覧の中に「カスタムHTML」ウィジェットがあります。

 

この「カスタムHTML」ウィジェットをサイドバーウィジェットの中にドラッグアンドドロップします。別のやり方として、カスタムHTML」をクリック→サイドバーウィジェット選択→「ウィジェットを追加」をクリックでもできます。

 

「タイトル・内容」に入力項目が表示されます。「内容」HTMLタグを入力します。

 

適当に入力してみます。

以下のようになりました。

 

これでもいいのですが、ちょっと味気ないので画像を入れ、レイアウトも整えてみます。

 

こんな感じになりました。

画像も丸くし、文字の周りも少し空白を入れ、レイアウトを整えてみました。一応テンプレートも以下に用意しておきますので、ご自由に使ってくださいね。

プロフィールテンプレート

こちらがテンプレートになります。ご自身の画像のURLテキストを変更してお使いください。

画像のURLは、メディア→貼り付ける画像をクリックすると右上にURLがあるのでそれをコピペしてくださいね。

ここです。

解説は以上になります。

まとめ

今回は「カスタムHTML」ウィジェットを使ってプロフィールの作り方を解説しました。

「テキスト」ウィジェットを使っても簡単にプロフィールは作成できるのですが、編集機能があるためなのか、表示が若干遅れたり、また改行が挿入されることがあります。

「カスタムHTML」ウィジェットを使うことで、以上のような不具合がなくなります。

プログラミングの勉強にもなりますし、ぜひこの機会に「カスタムHTML」ウィジェットを活用してみてくださいね。